妖怪が出てくる漫画は名作ばかり!妖怪漫画まとめ【マイナー作品も有り】

漫画

 

みなさんは妖怪の存在って信じていますか?

妖怪は怖い存在でもありますが、どこかロマンを感じるところもあります。
昔は妖怪をテーマにした作品って結構多かったですよね。

妖怪をテーマにした作品は名作ばかり。本記事ではそんな妖怪漫画をまとめています。

実際にいてほしいと思いながら妖怪の出てくる漫画を読むのって結構楽しいですよ。

 

妖怪が出てくる漫画は名作ばかり!妖怪漫画まとめ【マイナー作品も有り】

うしおととら

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!

週刊少年サンデーの不朽の名作。藤田和日郎先生の最高傑作とも呼ばれ、いまだに根強いファンが多くいる「うしおととら」
主人公の蒼月潮は、ある日自宅である寺の蔵に封印されていた妖怪「とら」と出会う。
獣の槍と呼ばれる伝説の槍を刺され長年閉じ込めれれていたとらは、潮に対して槍を抜くように言います。
そこから始まるのちの名コンビ「うしおととら」の最高に熱く、せつなく、涙がとまらないドラマを見届けて下さい。

きっと名作ってこういう漫画のことですね。

⇒⇒「うしおととら」を試し読み

 

幽☆遊☆白書

教師も手をやく不良の浦飯幽助。ある日子供を助けて事故にあい、幽霊になってしまう。予定外の死に閻魔大王は、生き返るための試練として、人の心を映す霊界獣の卵をかえすことを命じるが…!

HUNTER×HUNTERの休載ばかりしているイメージしかない冨樫先生ですが、この「幽☆遊☆白書」ではしっかりと連載を続けました。
主人公、浦飯幽助は事故に合い亡くなりますが、霊界探偵として活躍することに。
そして出会う数々の妖怪たち。主人公をも超えてしまう程の人気を得ることになるキャラクターが多数登場し、各キャラの個性が上手く描かれています。
過去の作品なので若い方は読んだことの無い方も多いのではないでしょうか?巻数を増すごとに面白さも倍増する名作です。

HUNTER×HUNTERとは違った面白さです。

⇒⇒「幽☆遊☆白書」を試し読み

 

ぬらりひょんの孫

妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子。妖怪の総本山・奴良組の若頭として、祖父のような立派な首領になることに憧れを抱くのだが…!?痛快妖怪任侠活劇、ここに開演――!!

ジャンプで連載され人気を博した「ぬらりひょんの孫」の主人公、奴良リクオは、あの有名な妖怪「ぬらりひょん」の孫であり、妖怪の血を受け継いでいます。
しかし、4分の1しか妖怪の血を継いでいないリクオは1日の4分の1の時間しか妖怪の姿になれません。そんな人間らしさを残したリクオが妖怪たちと共に成長していく姿にはドラマがあり、非常に読みごたえがあります。
本作は、妖怪の集団がまるで日本でいうヤクザのような世界観で描かれており、妖怪任侠漫画といった感じの面白い設定です。

リクオがどんどんかっこよくなります。

⇒⇒「ぬらりひょんの孫」を試し読み

 

犬夜叉

四魂の玉に導かれ、現代から戦国時代にやってきた少女・かごめ。封印されていた半妖・犬夜叉と出会い、砕け散った玉を集める二人が織りなす冒険活劇。

天才漫画家であるヒットメーカー高橋 留美子先生の代表作の一つ、「犬夜叉」はご存じの通り妖怪をテーマにした漫画です。
あらゆる願いを叶えるという宝玉、四魂の玉が無数のかけらになり飛び散ったことで四魂のかけらを集めるために旅することになった犬夜叉とかごめ。500年の時を経て動き出す物語は壮大でクオリティの高さは随一です。
アニメがゴールデンタイムで放送されていたこともあり、観ていた方も多いかと思います。もう一度漫画で犬夜叉の世界を体感しませんか?

高橋先生の描く女の子は今見ても可愛い

⇒⇒「犬夜叉」を試し読み

 

地獄先生ぬ~べ~

この世には目に見えない闇の住人達が、時として牙をむいて君達を襲ってくる…。だが、そんな奴らから君達を守る正義の使者がいる。あらゆるものを無に帰す力を宿した「鬼の手」を持つ鵺野鳴介は、子供達から「ぬ~べ~」と呼ばれて親しまれる日本で唯一の霊能力教師。普段は頼りないが、子供達を悪霊から守るために命を懸けて戦う!!

誰もが知っているといってもよいほど有名な妖怪漫画といえば「地獄先生ぬ~べ~」ではないでしょうか?しかし、地獄先生ぬ~べ~は、昔アニメ放送をしていた為、そちらのイメージが強く、意外と漫画の方で読んでいる方は少ないかもしれません。
現在でも、「ぬ~べ~」は、「地獄先生ぬ〜べ〜NEO」→「地獄先生ぬ〜べ〜S」とシリーズが続いているほど根強い人気をもった名作です。
子供の頃夢中になった地獄先生ぬ~べ~をもう一度改めて漫画で読み返してみると新しい発見が沢山あって面白いです。

夏休みの朝、アニメ楽しみでしたね。

⇒⇒「地獄先生ぬ~べ~」を試し読み

 

夏目友人帳

「妖怪が見える」という秘密を抱えた孤独な少年・夏目。強力な妖力を持っていた祖母・レイコの遺品である「友人帳」を手にして以来、妖怪たちから追われる羽目に!!祖母が妖怪たちと交わした「契約」をめぐって、用心棒・ニャンコ先生とともに忙しい日々を送ることになった夏目は…!?あやかし契約奇談!

LaLaで今でもなお連載され人気を博している「夏目友人帳」の主人公は、妖怪が見えることを理由に「虚言癖のある薄気味悪い子供」として見られていた主人公、夏目貴志。
彼は祖母の遺品である友人帳を手にしたことで様々な妖怪たちと関わる事になります。
少女コミックならではの優しい絵で読みやすく、可愛いキャラクターも多数登場します。読んだことが無い方も、ニャンコ先生は知っているのではないでしょうか?

ニャンコ先生・・可愛い

⇒⇒「夏目友人帳」を試し読み

 

化物語

阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!? アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!

シャフトの制作でアニメが大ヒットを記録した「化物語」。そんな化物語を最強の作画でコミカライズしたのがあの有名な大暮維人先生です。
一般的なコミカライズとは一線を画すクオリティで新たに描かれる化物語は、その世界観をアニメでも漫画でも変わらず魅力的に表現されています。
主人公、阿良々木暦を中心に繰り広げられる怪異に関わる少女たちの奇妙な物語。化物語は、今更ではなく、今が熱いんです。

ここまで作画の良いコミカライズは珍しいです。

⇒⇒「化物語」を試し読み

西尾維新 (著), 大暮維人 (著)

 

妖怪アパートの幽雅な日常

妖怪と幽霊と人間が仲良く同居?――3年前に両親が他界し、伯父の家に引き取られた稲葉夕士(いなば・ゆうし)16歳。高校からは寮に入り自立して……と思った矢先、寮が火事で焼けてしまった!なんとか探し出したアパートは、家賃2万5000円!という破格物件。……だが、オバケが出るという!人情味あふれる「クセ者」入居者に囲まれて、夕士のフツウの!?高校生活が始まる!香月日輪の大人気小説を、深山和香が完全ビジュアル化!!!

妖怪には、良い妖怪もいれば悪い妖怪がいますが、この「妖怪アパートの幽雅な日常」に登場するのは良い妖怪ばかりです。
主人公、稲葉夕士はひょんなことから妖怪だらけの妖怪アパートに住むことになります。そこで出会う妖怪たちは優しく、面白く、非日常でありながらまるで当たり前の日常を送っていくことになります。
こんな妖怪たちがまわりにいたら毎日楽しく過ごすことが出来る。そんな気持ちになる漫画です。

るり子さんのご飯食べてみたい。

⇒⇒「妖怪アパートの幽雅な日常」を試し読み

 

CLAYMORE

古より人が「妖魔」に喰われる存在であったこの世界。人は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいた…。だが背に大剣を背負い、妖魔と戦い続ける一人の戦士が現れ…。「クレイモア」と呼ばれる少女の戦いが始まる!!

個人的に最高のヤンキーギャグ漫画の一つ「エンジェル伝説」の作者である八木教広先生が描く「CLAYMORE」は、エンジェル伝説と描く世界観が違い過ぎて驚きます。
人間を捕食する魔物「妖魔」と、襲い来る妖魔を倒すために生み出された半人半妖の女戦士「クレイモア」との戦いを描いており、グロさもありますが、美しさも感じる作画であることから読みにくさはありません。
涙してしまう感動シーンもあり、エンジェル伝説でギャグイメージがついてしまっている作者の新しい一面を見ることが出来る代表作の一つです。

ギャップが凄すぎるけど、どちらも面白いです。

⇒⇒「CLAYMORE」を試し読みする。

八木教広 (著)
 

虚構推理

怪異になってしまった一人の少女と、怪異にさえ恐れられる一人の男が出会った時、生まれるものは――!? “推理”、“妖怪”、“都市伝説”、“恋”……予測不可能な物語が幕を開ける!!

人気小説「虚構推理」をコミカライズした本作。主人公、岩永琴子は名家の令嬢だが、11歳のとき、怪異たちの知恵の神になるという契約を交わしています。それ以来、社会の秩序を守るため、怪異に関するトラブルの解決を請け負っていました。
この漫画の設定で非常に面白いのは、「真実を探していく」のではなく、「偽り、作られた真実で事件を解決する」物語なのです。この設定が他の推理漫画にはない魅力なので、是非その様子に注目して読んでもらいたいです。

絵も素敵です。

⇒⇒「虚構推理」を試し読み

城平京 (著), 片瀬茶柴 (著)
 

怪物事変

田舎の静かな村で、家畜が次々と変死するという奇妙な事件が起きておりました。事件解決の為に東京から呼ばれた「隠神」という派手な格好の男。調査の途中で男は、村に住む「泥田坊」と呼ばれる不思議な雰囲気の少年と出会うのでございます。数奇なる怪物物語、これより始まり始まり──。

ジャンプに連載された「保健室の死神」が人気となった藍本松先生の最新作が「怪物事変」です。本作はオカルト専門の探偵事務所、「隠神怪物相談事務所」の所長である隠神が調査のためにやってきた田舎で屍鬼と人間の半妖である少年、夏羽(かばね)と出会うことで始まります。
自分は捨てられた子だと思っていた夏羽は、隠神のもとに引き取られ仕事を手伝いながら両親を探すことに。そこで沢山の奇妙な事件が起こり、個性的なキャラが次々登場します。物語が進むにつれどんどん面白さが増しそうなオススメの妖怪漫画の一つです。

一気に引き込まれるストーリーです。

⇒⇒「怪物事変」を試し読み

 

もっけ

「これは空想漫画(ファンタジー)ではない、本格妖怪漫画(ファントム)だ」――『百鬼解読』でおなじみの妖怪研究家・多田克己氏も大激賞、ほのぼのモノノケ物語!!田舎に暮らす静流(しずる)と瑞生(みずき)の仲良し姉妹は、他者には見えない妖怪を「見ることのできる力」と、「憑依される力」を持っていた。拝み屋の祖父の助力のもとで、もっけ=勿怪や自然と人間との共存を軸として、二人は成長していこうとする……。

「もっけ」は、体質のせいで勿怪を身辺に招き寄せてしまう姉妹の日常を描いた漫画で、基本的に一話完結で描かれており、妖怪とのバトル等はありません。
争いなく、妖怪や自然との共存することを主としたほのぼのとしながらも奥の深い内容となっています。派手な展開の漫画を望んでいる方も多いかもしれませんが、ある意味本格派の妖怪漫画であり、本作が一番リアルを描いているのかもしれません。妖怪漫画好きなら、一度読んでみることをオススメします。

派手じゃなく、こういうのもいいです。

⇒⇒「もっけ」を試し読みする。

熊倉隆敏 (著)

 

まとめ

本記事で紹介した漫画のラインナップでわかるように、妖怪漫画には名作が非常に多いです。

怖い妖怪もいれば、愛嬌があり憎めない妖怪も多く出てくるので、読んでいると妖怪たちに愛着がわくことでしょう。

妖怪漫画はこれからも無くならずに、どんどん新しい作品が生まれて欲しいです。

この記事を書いた人
aki

10年以上続く耳鳴りに毎日悩みながらも、人生を楽しむために日々考えて生きている20代男子。
【好きなもの】
・ポルノグラフィティ
・漫画
・嫁とのおでかけ

akiをフォローする
漫画
akiをフォローする
幸せについて少しずつ考えてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました