【4大少年誌全てで連載を経験】七つの大罪だけじゃない!鈴木央先生の名作漫画まとめ【速筆マンガ家】

漫画

いわゆる4大少年誌といえば?

  • 少年ジャンプ
  • 少年サンデー
  • 少年マガジン
  • 少年チャンピオン

あなたはどれを読んでいますか?

ボンボンとガンガン!

「少年誌」とは言いますが、いまでは老若男女問わず誰もが愛するものとなりました。そんな中でも特に有名な4大少年誌すべてで連載を経験した伝説の漫画家がいます。

それが鈴木央(すずきなかば)先生

本記事では、アニメ化もされ大人気となった「七つの大罪」以外にもたくさんある、名作ぞろいの鈴木央先生の漫画をまとめてみました。

【4大少年誌全てで連載を経験】七つの大罪だけじゃない!鈴木央先生の名作漫画まとめ【速筆マンガ家】

鈴木央先生とは?

鈴木央先生(愛称“ばっちょ”)は、自身の格闘技好きから来る熱い線、趣味の少女漫画に影響を受けた繊細な画風、ファンタジー風の背景が特徴の漫画家です。
また、ジャンプ時代は誌内でも有数の速筆で、原稿を落とすことはなく、その上週2日休めていたという伝説をもっています。

ヤバすぎやろ・・・

「SAVAGE」で、週刊少年ジャンプ本誌デビューすると、ゴルフをテーマにした漫画「ライジングインパクト」で初連載を開始しました。

ジャンプとしては異色のゴルフ漫画として話題になりましたが、打ち切りに。
しかし、連載終了後の反響が大きく、まさかの連載再開するという、異色の経歴を持っています。

なら最初っから打ち切るな!!

その後の経歴も異色。4大少年誌を渡り歩き、すべてで連載するという偉業を達成。

そんな他の漫画家とは一味も二味も違う鈴木央先生は、どの雑誌でも魅力的な作品を生み出しています。

ライジングインパクト(文庫版全10巻)

初連載作品。主人公、ガウェイン・七海(ななうみ)は、福島生まれのハーフ。方言丸出しの愛くるしいキャラクターです。そんな彼の夢は、“世界一の飛ばし屋”になること。
野球が一番球を遠くまで飛ばせると思っていたガウェインは、プロゴルファー西野霧亜(にしの きりあ)と出会い、ゴルフが一番球を遠くへ飛ばせることを知ります。
夢に出会い、夢を追いかけるガウェインの姿に胸が熱くなること間違いなしです。

いまだに、ずっと一番の漫画です。

  • 人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

Ultra Red(全4巻)

ジャンプでの2作品目は、鈴木先生の大好きな格闘技をテーマにした漫画です。
関節破壊を追求した古流武術・破傀拳(はかいけん)の使い手である皇閃(すめらぎ せん)が世界最強を目指します。
格闘技漫画ならではの熱い描写もありながら、鈴木先生だからこそ描ける繊細なタッチが魅力です。また、ライジングインパクトのキャラクターの一部が登場することでコアなファンも楽しむことが出来ます。

短い巻数で完結してるので読みやすいです。

鈴木央 (著)

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

僕と君の間に(全3巻)

これまでスポーツ系漫画を描いてきた鈴木先生が、念願のファンタジー漫画を描いた作品が「僕と君の間に」です。全てが人工管理された都市から脱出することをテーマにした漫画で、序盤は残酷な描写も多いですが、持ち味の繊細で可愛らしい作画のおかげて読みやすくなっています。全3巻とコンパクトにまとまり、テンポよく読むことが出来ます。

鈴木先生からは本当にファンタジー愛を感じます。

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

ブリザードアクセル(新装版全6巻)

鈴木先生が新天地として選んだ少年サンデーでの初連載作品は、フィギュアスケートをテーマにしたスポーツ漫画でした。名作「ライジングインパクト」同様に、田舎で育った少年が世界を目指す過程が描かれています。鈴木先生特有の繊細なタッチがフィギュアスケートという美しさを描くジャンルと、とても相性が良いです。

複雑な採点方法などもわかりやすく解説されています。

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

金剛番長(新装版全6巻)

鈴木先生が描く新境地は、今時珍しい「番長」をテーマにした作品でした。この漫画の魅力は、ただ格好いいヤンキーを描く作品ではなく、「男らしさ」いや、「漢らしさ」を前面に出した超硬派な作品であること。どこまでもわかりやすく、そして誰にでも読める漫画になっています。

まさかこんな作品も描けるなんて。

鈴木央 (著)

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

ちぐはぐラバーズ(全2巻)

続いて少年チャンピオンを舞台に選んだ鈴木先生の新作は、「剣道」をテーマにした漫画でした。鈴木先生の「おねショタ」好きはこれまでも感じられましたが、本作もおねショタ全開のラブコメストーリーになっています。上下巻で完結しているのでシンプルにまとまっています。

鈴木先生の描く年上女性は魅力的。

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

七つの大罪(全41巻)

マガジンに降り立った鈴木先生が連載を始めたのは、自身の念願であった長編ファンタジーでした。七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の壮大な冒険を描いた本作はアニメ化もされ、まさに大ヒット人気作へ成長しています。これまで数々の漫画を描いてきた鈴木先生の本当に描きたかった世界には夢とロマンがあふれています。

鈴木先生渾身の超大作です。

鈴木央 (著)

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

七つの短編 鈴木央短編集(全1巻)

鈴木先生の短編集には、大ヒット作「七つの大罪」や「ブリザードアクセル」「UltraRed」の読み切り作品も収録されています。単行本化されなかった様々なジャンルの作品が詰め込まれたファン待望の一冊です。

連載時との違いを発見できます。

人気電子書籍サイトebookjapanで見る場合はこちらから

⇒⇒ebookjapan

 

まとめ


4大少年誌全てを渡り歩くという異色の経歴を持つ鈴木央先生の描く作品は、雑誌ごとに表情を変えながらも、持ち味をしっかり出した名作ばかりです。

大ヒットした「七つの大罪」も面白いですが、他の作品でしか味わえない魅力もたくさんあるので、気になるものがあれば是非チェックしてみて下さい。

初期作品から読んでいくと面白い発見がたくさんあるぞ!

この記事を書いた人
aki

10年以上続く耳鳴りに毎日悩みながらも、人生を楽しむために日々考えて生きている20代男子。
【好きなもの】
・ポルノグラフィティ
・漫画
・嫁とのおでかけ

akiをフォローする
漫画
akiをフォローする
幸せについて少しずつ考えてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました