ポルノグラフィティYouTube配信「LIVE ON LINE」DAY3セトリ・感想

ポルノグラフィティ

我らがポルノグラフィティが贈る、#STAY HOMEのお供。

  • ポルノグラフィティ SPECIAL LIVE SELECTION ~LIVE ON LINE~

YouTubeにて過去のライブ映像からメンバーとスタッフで選んだスペシャルなセットリストを、3夜連続でプレミア配信するという神企画の最終日である第三夜が放送されました。

悔いが残らないように楽しんだか~~?

Twitterにてトレンド入りもした今回の配信。


まさに最終日にふさわしい最高のセトリで全てのファンの心を温かくさせた名ライブでした。

↓初日、第二夜のセトリ・感想はこちら

ポルノグラフィティYouTube配信「LIVE ON LINE」DAY1セトリ・感想
ポルノグラフィティがYouTube配信「SPECIAL LIVE SELECTION ~LIVE ON LINE~」にて過去のライブ映像と、未映像化の「しまなみロマンスポルノ」を配信しました。本記事では、その初日DAY1のセトリ、感想をまとめました。ライブに行けない状況だからこその感動があります。
ポルノグラフィティYouTube配信「LIVE ON LINE」DAY2セトリ・感想
ポルノグラフィティがYouTube配信「SPECIAL LIVE SELECTION ~LIVE ON LINE~」にて過去のライブ映像と、未映像化の「しまなみロマンスポルノ」を配信しました。本記事では、DAY2のセトリ、感想をまとめました。ライブに行けない状況だからこその感動があります。
  1. ポルノグラフィティYouTube配信「LIVE ON LINE」DAY3セトリ・感想
    1. アポロ(13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”Live in MARINE MESSE FUKUOKA)
    2. ルーズ(13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”Live in MARINE MESSE FUKUOKA)
    3. ひとひら(13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”Live in MARINE MESSE FUKUOKA)
    4. ラビュー・ラビュー(神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜Live at YOKOHAMA STADIUM)
    5. ROLL(神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜Live at YOKOHAMA STADIUM)
    6. ANGRY BIRD(14thライヴサーキット“The dice are cast ” Live in OSAKA-JO HALL 2015)
    7. オー!リバル(14thライヴサーキット“The dice are cast ” Live in OSAKA-JO HALL 2015)
    8. THE DAY(横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜 Live in YOKOHAMA STADIUM)
    9. メリッサ(PORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Live in Taiwan)
    10. 夜間飛行(15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT” Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018)
    11. MICROWAVE(15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT” Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018)
    12. Aokage(しまなみロマンスポルノ'18~THE LIVE VIEWING~)
    13. そらいろ(しまなみロマンスポルノ'18~THE LIVE VIEWING~)
    14. Zombies are standing out(16th ライヴサーキット“UNFADED”Live in YOKOHAMA ARENA 2019)
    15. カメレオン・レンズ(16th ライヴサーキット“UNFADED”Live in YOKOHAMA ARENA 2019)
    16. ∠RECEIVER(16th ライヴサーキット“UNFADED”Live in YOKOHAMA ARENA 2019)
    17. 今回のライブ映像作品まとめ
  2. まとめ

ポルノグラフィティYouTube配信「LIVE ON LINE」DAY3セトリ・感想

オープニングは初日、二日目同様の為、割愛。

アポロ(13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”Live in MARINE MESSE FUKUOKA)

最終日一曲目は、予想通り。“ラヴ・E・メール・フロム・1999”からデビュー曲「アポロ」が選ばれた。
まさにアポロの為のツアーで、本編最後のアポロでの演出はいつもより豪華なものだった。
最高のライブだった15周年ツアーから5年。さらに進化したポルノを見せつけられることを、この時の私たちはまだ知らない。

We do not know

ルーズ(13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”Live in MARINE MESSE FUKUOKA)

これぞファン待望の選曲。“ラヴ・E・メール・フロム・1999”からの二曲目は、人類史に残る名曲「ルーズ」が選ばれた。
晴一作詞作曲の中でも頭一つ抜けているこの楽曲は、人気投票でも上位にランクインしている。
どこが好きって、全てが好き。もうこれ以上の楽曲は存在しないのではないかと思うくらい好き。でも存在するのがポルノの恐ろしいところ。

晴一の世界観は唯一無二です。

ひとひら(13thライヴサーキット“ラヴ・E・メール・フロム・1999”Live in MARINE MESSE FUKUOKA)

今日はファンを泣かせる日だなと思わせた三曲目は、同じく“ラヴ・E・メール・フロム・1999”から「ひとひら」という選曲。
ALL TIME SINGLESの最後に収録されているこのバラードを聴くと、今までポルノの曲を追いかけてきた日々が鮮明に浮かんでくる。

あれは飽きもせず聞き返したメロディ わかっていなかった歌の意味
今なら少しわかる気がする まるで違う歌のようさ

同時に、ずっと変わらないポルノへの想いを再認識した。好き。

ポルノの新曲発売日は学校サボってたなぁ・・・

ラビュー・ラビュー(神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜Live at YOKOHAMA STADIUM)

神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜からチョイスされたのは、Tama作曲の名曲「ラビュー・ラビュー」だった。
本当に最終日なスペシャル感がある。昨日までは比較的シングル多めだったが、今日はファンを殺しに来ている。ポルノは鬼だ。
惑わずの森は声の調子も良く、演出も豪華でまさにロマンスポルノといえるスペシャルなライブなので、初心者にもオススメしやすい。

ねっ!

ROLL(神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜Live at YOKOHAMA STADIUM)

神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜からの二曲目は意外なもの。正直、ここで「ROLL」が選ばれるとは思わなかった。
昭仁作詞作曲のナンバーは、熱量が高くてライブ映えする。このROLLも、感情がMAXで乗った最高のクオリティだった。

弾き語りでも聴きたいなぁ

ANGRY BIRD(14thライヴサーキット“The dice are cast ” Live in OSAKA-JO HALL 2015)

今日は本当にヤバい。次に選ばれたのは“The dice are cast ”から「ANGRY BIRD」
シンプルなオープニングからのロックナンバーにとても痺れた。同じくアルバムに収録されている「ミステーロ」も人気が高いが、個人的にはこちらのほうが好きなので嬉しかった。
それにしても、私の知らない間にファンにアンケートでも取ったのかというような選曲過ぎて鼻血が止まらない。

ブーーーーーー!!!!

オー!リバル(14thライヴサーキット“The dice are cast ” Live in OSAKA-JO HALL 2015)

ポルノにとって近年の最大の武器である「オー!リバル」が、“The dice are cast ”からの二曲目として選ばれた。
昭仁渾身の楽曲で、ライブでは手拍子、振り、声と本当に忙しい。
“The dice are cast ”は、ある意味「リバルツアー」でもある。名探偵コナンの劇場版主題歌であり、そしてコナンの作者の出身地である鳥取市の公演に参加したので、勝手にツアーでのメインライブを見たと自負している。

昭仁はランニングがてら鳥取砂丘に行ったらしい。

THE DAY(横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜 Live in YOKOHAMA STADIUM)

横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜からは、本編ラストの「THE DAY」が選ばれた。
ライブ限定として、ラストに追加歌詞があったことでも号泣した思い出のライブ。全員に配られたライトが照らされたとき、私はちょうど「A」のところにいた。
ただし、今回放送された2日目の映像ではなく、大雨だった初日参加ですが。

開演前、虹が二本も出てたのに雨降って草

メリッサ(PORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Live in Taiwan)

ポルノは過去に海外公演も行っている。そんな中から今回選ばれたのは、台湾で行われたPORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Liveから大ヒット曲の「メリッサ」
普段とは違うファンの中で行うライブだが、台湾の方の熱量は高く、それは映像からも伝わってくる。
海を越えた先でも愛される我が推しアーティスト。うん、カッコイイ。

台湾行ってみてぇなぁ

夜間飛行(15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT” Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018)

画面に向かって叫んでしまった。それほど大好きな楽曲である「夜間飛行」を、伝説のツアー“BUTTERFLY EFFECT”から選んだ人に心から賛辞を贈りたい。
このツアーは、本当に全てが完璧で、セトリ、演出、規模、昭仁の服装、髪型、晴一の服装、髪型・・・もう最高です。
あえてアリーナで追加公演をしなかったのが、世界観を大事にするポルノらしい。

キラッ!流星にまたがって
ポルノに急降下 ah ah

MICROWAVE(15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT” Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018)

もうやめて、そう言いたくなるくらいファンに連打を食らわせてくるセトリ。
“BUTTERFLY EFFECT”からの二曲目はなんと「MICROWAVE」をブチかましてきた。ここの二曲は晴一の選曲っぽい。
ポルノの新しい顔を見ることが出来た楽曲で、ライブでも待ち望んでいた。唯一、反省点とすれば、ライブにおいてどうノッっていいのかわかりにくかった。周りもそんな空気だった。
ここが、昭仁の楽曲との違いで、意外とライブでは昭仁の曲の方が重宝される傾向にある。

晴一の曲、最高に好きだけどね。

Aokage(しまなみロマンスポルノ'18~THE LIVE VIEWING~)

待ちに待っていた今回のメイン。未映像化のしまなみロマンスポルノ'18~THE LIVE VIEWING~からの一曲目は「Aokage」
地元のことを歌った曲を、地元で歌うって最高。あの後、因島に行った際に弾き語りした場所に立ち、あの日のことを思い出して涙がこぼれそうになった。
地元を大切にするポルノだから、ファンにずっと愛され続けている。

お願いしますから、円盤化してくださいませ。

そらいろ(しまなみロマンスポルノ'18~THE LIVE VIEWING~)

もうこれ以上、涙は出ないぞ。明日目がパンパンになる。そう思うような選曲が繰り返される。未映像化のしまなみロマンスポルノ'18~THE LIVE VIEWING~からの二曲目は、これも同じく地元のことを歌った「そらいろ」だった。
因島市民会館で、地元の学生を前にして演奏するポルノ。そのバックモニターには、しまなみロマンスポルノ当日の映像が流れている。
もちろん、被災地の状況を映したあのシーンも。絶対に忘れたくない、最高のライブだった。

再度お願いします。円盤化してください。

Zombies are standing out(16th ライヴサーキット“UNFADED”Live in YOKOHAMA ARENA 2019)

ついにきました。“UNFADED”からはポルノの新機軸である「Zombies are standing out」が選ばれた。
ポルノも推しているし、ファンにも人気だし、まさにWin-Winな選曲。そしてこの映像化された横浜アリーナ公演は、昭仁の声が絶好調。
ゾンビを聴くファンは、まさにゾンビのようにうごめいていた。またきっとライブはやってくるから、その日に向けて、立ち上がれLiving dead!!

夢見た日を~~~~っ

カメレオン・レンズ(16th ライヴサーキット“UNFADED”Live in YOKOHAMA ARENA 2019)

ここで意外だったのが、“UNFADED”からの二曲目に「カメレオン・レンズ」が選ばれたこと。もちろん人気曲だし、これからのポルノを支えていく曲だと思うが、残り時間的に神神に時間を使うと思っていた。
ライブにおいてのカメレオン・レンズは照明が素晴らしい。前曲のゾンビもだが、最近のポルノの照明は急激に進化している。

THE晴一なシングルだよね。

∠RECEIVER(16th ライヴサーキット“UNFADED”Live in YOKOHAMA ARENA 2019)

平成最後のツアーとなった“UNFADED”の本編ラストだった「∠RECEIVER」が選ばれた。
結論から言うと、まさかの神神の映像が無しでこの映像が最後だった。
本当に横浜公演は、声が絶好調。すべての曲でポルノからのメッセージが心の奥まで伝わってきたが、この∠RECEIVERは格別。
ポルノはいつも私たちにいろいろなものを届けてくれる。今回の配信もそう。こんな状況だから伝わるものがる。

この星の裏側でも 僕たちの足下でも
起こりうる出来事から逃げない 受信者(∠RECEIVER)でいたい

今起きているコロナウイルスによる世界的被害は、この星の裏側で起きていることではなく、私たちの足下で起きている。決して目を背けず、一人一人が向き合わなくてはならない。
モニターに表示される歌詞、昭仁の熱のこもった歌い方。晴一の心震えるギター。そして最後、アウトロで昭仁が何度も繰り返す

ありがとう ありがとう ありがとう

違う、こっちがありがとうだ。本当にありがとう。
配信が終わってみて思う。この曲で終わるのが本当にポルノらしい。

いつもありがとう。早く会いたいです

今回のライブ映像作品まとめ

アーカイブが残らない配信の為、初日、二日目同様に気になった映像作品があればチェックして欲しい。最終日は名曲ぞろいだった。自宅いながらみんな楽しめたのではないだろうか?

楽しい企画だったね。

以下が、三日目の映像作品。

今回配信されたライブ映像はこちら
ゾンビの映像は最高なのでオススメです。
⇒⇒ゾンビの映像が見れるライブ作品
しまなみロマンスポルノは、残念ながら現状映像化されていません。
⇒⇒伝説のしまなみロマンスポルノに関して
初日同様に、各配信サイトでプレイリストも公開中。
サブスクでポルノを聴くならオススメは
⇒⇒Amazon Music Unlimited

 

まとめ


今回3夜に渡って配信されたポルノグラフィティ SPECIAL LIVE SELECTION ~LIVE ON LINE~は、ただ単に飢えているファンを喜ばせるだけの配信ではありませんでした。

神セトリで大いに楽しく在宅ライブを味わえた配信の最後にもってきた∠RECEIVERの意味をしっかり受け止め、手の中に大切に持ち、明日から再び進んでいきたいですね。

次にポルノに会えるのはいつでしょうか?本当に待ち遠しい。早くその日が来るように願って、今日もポルノを聴きながら基本的に#STAY HOMEで楽しみましょう。

外へ遊びに出過ぎないように!

ライブDVD見まくるぞ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました