【未演奏】ライブで聴きたい!ポルノがまだ披露していない楽曲まとめ【ポルノグラフィティ】

ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティがこれまでリリースした数多くの名曲たち。それらはCDや配信を通してポルノから私たちに届けられ

ライブで生演奏されて初めて完成されます。


今までポルノは沢山のライブで沢山の曲を私たちに届けてくれました。
しかし、そのなかには不遇にも演奏されずに埋もれてしまった曲たちがあります。

色々な事情があるのでしょうが、その曲たちが一番好きな楽曲という方もきっといると思います。

今回のツアーでやらないでいつやるんだよーーー!!

セトリ予想外れまくりぃぃぃ!!!

このままではファンが暴動を起こしかねません。


というわけで今回は、2019年で20周年を迎えたポルノグラフィティが、今までライブで披露していない楽曲をまとめてみました。

今回まとめた楽曲がFCUWをはじめとするライブで披露されることを願いましょう。

⇒⇒レア曲満載!歴代ファンクラブツアーセトリまとめ

どんな楽曲も、一度はライブで披露してほしい。

全ての曲はUNFADED


彼らに救いの手を。

 

【未演奏】ライブで聴きたい!ポルノがまだ披露していない楽曲まとめ

 

アルバム編

夜はお静かに
  • 3rdアルバム「雲をも掴む民」収録。

ホールツアーなど小規模の会場で聴きたいバラード。
もはやFCUWくらいしか演奏するタイミングなさそう。
また二人でラジオ出演などした際にラジオ生演奏でも聴きたい。

 

デッサン#3
  • 4thアルバム「WORLDILLIA」収録。

これもマイナーな楽曲のひとつ。
個人的には大好きなんですが、いまだ演奏なし。
デッサンシリーズはどれも名曲なので、披露回数を増やして欲しいですが、#2はマジで泣いてしまうので心の準備が必要。

 

素晴らしき人生かな?
  • 4thアルバム「WORLDILLIA」収録。

本当に不遇のアルバム「WORLDILLIA」発売当時ツアーをしなかった為に披露されていない楽曲が多い。
この曲もですが、このアルバムはメンバーの顔がよく出ているクセの強いアルバムなのでポルノにハマってきた方にはオススメしたい。

⇒⇒超個性的なアルバム「WORLDILLIA」の詳細はこちら。

 

くちびるにうた
  • 4thアルバム「WORLDILLIA」収録。

20周年イヤーでは初披露されるかと思っていましたが結局演奏されないままだった楽曲。
そろそろいいんじゃないですか?ライブのラストに合ってると思いますよ。

 

月明りのシルビア
  • 6thアルバム「m-CABI」収録。

この曲は本当に悔やまれる楽曲。
是非とも、サポートベースの森男が在籍していたころに演奏を聴いてみたかった。
アルバムで一曲だけ披露なしって本当に悔しいですよね。

 
ロックバンドがやってきた
  • 7thアルバム「ポルノグラフィティ」収録。

ライブのオープニングSEとして「Porno Graffitti has come」という英語版は存在しますが、演奏自体は行っていません。
全国ツアー=アルバムありきなので、もうFCUWツアーでするしかないですね。明日からやろう。

 

曖昧なひとたち
  • 8thアルバム「∠TRIGGER」収録。

ここから3曲は昭仁の、なんかアルバムに入っててなんか演奏されない昭仁っぽい楽曲。
このなんともいえない世界観・・・好きです。
晴一とは違った視点でゆるく描かれる昭仁曲もファンは待っています。(ダーク昭仁も大好き。)

 

I believe
  • 11thアルバム「BUTTERFLY EFFECT」収録。

昭仁にしかつくれないバラード曲。
ツアー中に過去にないほど曲の入れ替わりがありファンを喜ばせたツアーですらはじかれてしまった楽曲。
余談ですがBUTTERFLY EFFECTツアーはホールツアーの最高傑作ですよね?

 

スパイス
  • 11thアルバム「BUTTERFLY EFFECT」収録。

本ツアーの某公演に参戦した際に、ライブ前に私の近くで「あのスパイスって曲すごい好き~早く聴きたい~」っていっていたファンの方を成仏させてあげて下さい。

 

カップリング編

サボテン Sonority
  • 5thシングル「サボテン」収録。

さすがに、本家「サボテン」が強すぎてバージョン違いは演奏されないが、こちらのほうが好きという私の嫁の意見も聞いてあげて欲しい。

 
別れ話をしよう
  • 6thシングル「アゲハ蝶」収録。

正直言って最高傑作に近い楽曲。
晴一を天才だと語るには外せない名曲。
しかし、いまだに披露されておらず、未演奏のなかでこの曲を一番待っているファンはかなり多いと思います。

 
TVスター
  • 8thシングル「幸せについて本気出して考えてみた」収録。

ちょっと毒が強すぎる為か演奏されないが、こちらもファンに待望されている名曲。
やはり“ポルノの真骨頂はカップリングにあり”とされるほど、カップリングに力を入れているのでシングル・アルバムメインで聴いている方は一度カップリングを聴いてみることを薦めたい。

 
Stand for one’s wish
  • 22ndシングル「リンク」収録。

リンクはライブ映えする為に演奏回数多めの反面、こちらのカップリングは未演奏。
少しずつ確実に影が薄くなりつつある楽曲。昭仁も忘れてそう。

 
It’s on my mind
  • 22ndシングル「リンク」収録。

発表当初の印象は、「なかなか歌わんな・・」くらいでしたが、改めて聴くと名曲。なんとなく一人でドライブしているときによく聴く曲です。

 
オニオンスープ
  • 23rdシングル「あなたがここにいたら」収録。

晴一の約3、4分で描く物語は、短い時間でもしっかり物語が出来上がっていて、特に2番が好きなことが多い。
この曲の唯一悪いところは、この曲を聴いて以来、お店に行ったときオニオンスープを頼まないとファンとしてどうなんだろうと思い頼んでしまうところ。グァバジュースも同じ。そしてどちらも美味い。

 

グッドニュース
  • 26thシングル「Love,too Death,too」収録。

曲のテンポも明るくて聴いているだけで幸せになれる曲。
きっとライブ映えするはず。昭仁の楽曲ってライブで聴くと良さが倍以上になるんですよね。

 

小規模な敗北
  • 29thシングル「アニマロッサ」収録。

これもホールツアーで聴きたい楽曲のひとつ。
ポップな曲もよいですがこういったロックな曲を求めているファンも多い。そろそろ演奏しちゃいましょう。明日。

 

GET IT ON
  • 31stシングル「君は100%」収録。

T・レックスのカバー。当時ペプシ飲みまくってたのが懐かしいです。
楽曲自体は、とてつもなくカタカナ英語で歌っていますが、それが昭仁らしい。
最近は英語発音の進化が止まりませんね。

 
Regret
  • 32ndシングル「EXIT」収録。

マイナーなのは承知。でも、大好きな楽曲。
どこがどう好きとかは何故か説明出来ないけど全体的に好き。ライブでずっと待っているんですけど、わかってくれる人いますか?

 

極上ランディング
  • 37thシングル「瞬く星の下で」収録。

もともと「マギ」用に作ったこともあり、アニメの曲として映えそうな楽曲。
ポルノのアニソンはライブで聴くと本当にアガりますよね。

 

むかいあわせ
  • 37thシングル「瞬く星の下で」収録。

うたかた系統を継ぐ名曲。
リリース当時から名曲の呼び声が高い楽曲で、ライブでの披露が期待されていましたが20周年終えてもその夢は叶わずじまい。
早く世に出したいということでこのカップリングの位置に収録されたようなので、同じく一刻も早くライブでの披露を願ってやまない。

 

365日
  • 40thシングル「俺たちのセレブレーション」収録。

ライブでやりそうな感じがプンプンしているのに演奏されなかった不遇のカップリング。
イントロから盛り上がりそうなイメージなので、ライブ後半にもどうぞ。

 

なにはなくとも
  • 41stシングル「ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜」収録。

個人的にしまなみロマンスポルノの2曲目に持ってきて欲しかった楽曲。
意外とクセになって何度も聴いています。
これも、いつでもやれそうなのにやらないのがもったいないカップリングの一つ。

 
夕陽の色
  • 45thシングル「キング&クイーン/Montage」収録。

両A面共に個性的なシングルからの、シンプルなカップリングバラード。
しかし、地味ながらも名曲で、多分ライブで聴くと普通に泣く。
カップリングなのにMaking Clipが存在し、みんなの笑顔や手や顔のシワを見てるとなんか心がキュッとなって泣けてくる。

 
プリズム
  • 50thシングル「VS」収録。

昭仁自信作のようで、ファンからも好評。
明らかにライブ映え確定。
東京ドームライブで聴く事を楽しみにしていた方、一緒に連れていく人に予習で聴いてもらっていた方。全員が思ったでしょう。「やらへんのかーい」

 
一雫
  • 50thシングル「VS」収録。

プリズム同様、20年の為に作られた名曲。
晴一の言葉一つ一つが心に響いてくる。
そして東京ドームライブで、プリズム同様に思った。「やらへんのかーい」
是非、FCUWで待ってます。

 

⇒⇒まだまだあるポルノの名曲をAmazon Music Unlimitedで聴きまくるならこちら。

 

まとめ

ライブバンドであるポルノグラフィティはこれまでに数々のライブを行ってきました。
それは現在も変わらず、ベテランとは思えないペースでライブ活動を行っています。

だからこそ、未演奏の曲を歌って欲しい。音源だけでなく、ライブで披露し、完成させて欲しい。

欲を言えば、全てを映像に残して欲しい。

そんなファンのわがままを、ファン想いのポルノはいつか叶えてくれえると信じています。

ずっと待ってるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました