のび太みたいなコンビニ店員が最強の漫画「TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには」が面白い。

漫画

史上最強の人物とは誰でしょうか?
格闘技の世界チャンピオンをイメージするかと思います。

もしくはマッチョ。


バケモンやんけ

そんな強そうなやつも瞬殺する男がコンビニにいます。

 

のび太みたいなコンビニ店員が最強の漫画「TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには」が面白い。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはのあらすじ

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。その名は「TSUYOSHI」。「最強」ということ以外、謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

全日本大学空手道選手権大会。その大会で優勝した人物、星崎愛之助。
彼は別名“鉄拳の破壊神“(ボーン・クラッシャー)の異名を持っています。

優勝した星崎。しかし彼はとても残念そうな顔をしています。

なんで?

これまでの大会で毎回戦っていたライバルが出場せず、優勝しても達成感がなかった星崎。
なぜ、ライバルは大会に出場しなかったのか?問い詰める為にライバルの家へ向かいます。

そこで出会ったのは、空手を辞め、変わり果てた姿になったかつてのライバル。

なにがあったんや!!!

ライバルの口から語られたのは

あの男と戦えば分かる。
あの男からすれば自分たちが積み上げた努力なんか何の意味もない。
あの男はバケモノだ。

そんな恐ろしい男がいるのか・・・

マッチョか?

誰も勝てない最強の男。
その男はコンビニでバイトしている普通の青年、川端強でした。


マッチョじゃないの!!??

マッチョ最強説やめろ。

 

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはのみどころ

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはのみどころは・・・

  • 次々と挑戦者を倒していく川端強
  • 弟子入りした星崎の熱さ

見た目はのび太のような、むしろ弱そうな青年、川端強。
しかし、彼は中国拳法の使い手。普通の日常を送っている彼に対し、彼の噂を聞きつけた猛者たちが、次々に襲い掛かってきます。

しかし、全て瞬殺。
金玉を集中攻撃して敵を沈めます。


ヒエッ・・・

無駄な動きが無く、最強過ぎる川端強。
彼にどうにか弟子入り出来ないかと熱心に口説く星崎。

しかし、そんなことに興味が無い強には、集中して取り組みたい一つの夢がありました。
それは画家になること


しかし、残念ながら史上最強の男である強に、絵の才能はありませんでした。

その状況は、弟子入りを志願していた星崎にはラッキー展開。
星崎は、ただの空手バカかと思いきや、美大生だったのです。そして絵が超上手い。

見かけによらんもんだなぁ。

強に絵を教えることになった星崎。意外なところでつながることができたことに喜びます。
果たして、彼は強くなることが出来るのか?

気になり過ぎるぜ・・・

 

こんな人にオススメ

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはをおすすめしたい人。それは

  • ゆるい格闘技漫画が読みたい人
  • クスッと笑える漫画が読みたい人

格闘技漫画は面白いですが、基本的に暑苦しいものばかりで、どうしても男性読者が多くなってしまいます。
しかし、本作は非常にゆるく、女性でも気軽に読むことができます。

のび太に似てゆるいビジュアルの強は、最強にも関わらず、戦いを避け、絵を描きたいというギャップがあります。
普通の日常を送りたい強と、どうしても弟子になって強くなりたい星崎との絡みが面白く、クスッと笑ってしまいます。

ゆるく、そして笑える異色の格闘技漫画です。

頭からっぽにして読めそうだなぁ

⇒⇒TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはの試し読みはこちら

 

まとめ

史上最強の男。そんな誰もが憧れてしまう人物。
それがまさかそのへんのコンビニにいるとは思わないでしょう

人は見かけによりません。ひ弱そうな相手でもとても強いかも。
本作は、ゆるく読める作品なので、なぜ彼がそんなに強いのか気になればチェックしてみて下さい。

ちなみに、ドランクドラゴンの鈴木拓も実は格闘技歴20年以上あり強いらしいです。

なんかムカつくな。

水木しげるタッチで描く異色の異世界モノ「異世界もう帰りたい」【ドリヤス工場】
水木しげるタッチで数々のパロディを描いてきたドリヤス工場先生。そんなドリヤス工場先生が異世界モノを描いてしまいました。しかし、この異世界モノは何か違う。本記事では「異世界もう帰りたい」について紹介しています。平凡なサラリーマンに共感してしまう人が多いでしょう。
この記事を書いた人
aki

10年以上続く耳鳴りに毎日悩みながらも、人生を楽しむために日々考えて生きている20代男子。
【好きなもの】
・ポルノグラフィティ
・漫画
・嫁とのおでかけ

akiをフォローする
漫画
akiをフォローする
幸せについて少しずつ考えてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました