Tama脱退前、最後にリリースされた最初のベスト「赤リンゴ」は5年間の総決算【紹介・レビュー】

ポルノグラフィティ

2人で共に助け合い、20年走り抜いたバンド

「ポルノグラフィティ」


ずっとカッコイイなぁ

そんなポルノグラフィティは、デビュー5年目で一度、大きな別れを経験しています。
それは、学生時代からの付き合いで共にポルノの一員として頑張ってきた元ベースのTama。


3人それぞれ個性が強く、良い味を出し合っていたポルノ。

メンバーが脱退するという一つの節目にリリースされたのは、Tama在籍時最後で、そしてポルノとって最初の、2枚のベストアルバムでした。本記事では、そのうちの一枚である、

「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S」

通称“赤リンゴ”について紹介します。ポルノ5年間の総決算です。

 

Tama脱退前、最後にリリースされた最初のベスト「赤リンゴ」は5年間の総決算【紹介・レビュー】

ベストアルバム「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S」(赤リンゴ)とは?

ポルノグラフィティ

Tama脱退にともなってリリースされたベストアルバムは、本記事で紹介する「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S」と、同時発売された「PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S」の2枚。

初めてのベストであり、ポルノの当時の勢いも合わさり驚異的な売り上げを記録した名盤です。


そんな中でも「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S」は、HOT(情熱)の意味が込められている通り、ポルノらしい熱量のある一枚にまとめらています。

とんでもねぇ曲が飛び出してくるぞー

 

「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S」(赤リンゴ)各曲解説

ミュージック・アワー

アルバム一曲目からミュージック・アワーがくることで、藤井隆並みにHOT! HOT!なこのアルバムの熱量が伝わってくる。ライブで「変な踊り」を踊ることは、ファンではない方もテレビなどで見て知っているのではないだろうか?ライブでも定番で、もはや踊り過ぎて恥ずかしがるファンも少なくなった。King Gnuの井口くんも踊ってくれるんだから、コロナが収束したら日本中みんなで一斉に踊りたい。

サポメンもね。

 

Century Lovers

2曲目も勢いは止まらず、ライブ定番のCentury Loversが飛び出してくる。この曲や、ジレンマなどライブで頻繁に演奏するノリの良い楽曲は、普段歌詞カードと向き合うことがあまりないかもしれないが、しっかりと良いこと書いてある。晴一先生はアップテンポだろうがバラードだろうが、詞に関して一切妥協せずに、私たちにメッセージを届けてくれる。

everybody 皆で 声出せ!

 

愛が呼ぶほうへ

1、2曲目で両方の頬をビンタされたあとに、頭をなでてくれるバラード。申し訳ないが、相変わらずポルノのアルバムの曲順はよくわからないものが多い。でもそういうとこ好き。ポルノと故郷、因島をつなぐ名曲で、ファンからも愛されるこの名曲はこれからもずっと歌い続けられていくだろうし、いつかやってくるポルノの最後のライブ。その本編最後は「愛が呼ぶほうへ」だと思う。
⇒⇒ポルノと故郷をつなぐ名曲たち

因島は本当に良いところです。また行こう。

 

サウダージ

ポルノ=ラテン、女性目線のイメージを確立し、ポルノ史上最大のヒットとなった名曲。すべてが完璧で、マイナー楽曲信者のファンたちも心のどこかで「なんだかんだ言ってこの曲に勝てる曲はないじゃないか」と思っているはず。非の打ち所がない。最後の歌い終りから入る晴一のギターは、まるでギターが泣いているように感じ、胸を打たれる。

本間さん、いや、本間様。ありがとうございます。

 

ヴォイス

シングルとして初めて出された本格的なバラードであるヴォイスは、名曲でありながらライブではあまり披露されないシングルの一つ。それほどポルノがもっているカードが強く、デッキ40枚すべてがブルーアイズで構成されているようなバンドなので仕方がない部分がある。久々に東京ドームライブで演奏されて、当時より圧倒的に完成度の高い昭仁のヴォイスが心に届いた。

急激に歌上手くなりすぎじゃない?

 

ラック

Tama作曲最後のシングル。今までのポップでキャッチーなポルノとはかけ離れた、ヘヴィロックなこの楽曲は、ロックバンドであることを望み続けるファンにとって永遠の神曲。定期的で良いので、シングルとしてこういったタイプの楽曲をリリースして欲しい。そして、MVがかっこよすぎる。MV撮影に参加された方が羨ましい。一生の思い出ですね。

74ersで大股開いてベース弾くTamaがクソカッコイイ。

 

幸せについて本気出して考えてみた

学生の頃には良さがわからなかったが、年を重ねてみると心に沁みる名曲。最近ではゴールデンボンバーのライブOPでも使われたことで話題になり、少しは非ファンにも知ってもらえたのではないだろうか。そして、年々ポルノファンであることが幸せだと感じている。ここまでファンのことを考えてくれるバンドはなかなかいないと思う。

GLAYのファンも幸せそう。

 

Go Steady Go!

Tama作曲のが3曲続く。基本的にダークなロック曲のイメージが強いTamaも、ライブ映えするようなポップソングからしっとりとしたバラードまでポルノのメインソングライターとして様々な楽曲を残してきた。Go Steady Go!もライブで盛り上がること間違いなし。

今、ライブで何を聴いても泣いてしまいそう。

 

カップリング曲ながら、アルバムに入ることが納得のクオリティな狼は、新規ファンにも薦めたいポルノらしいアップテンポな楽曲。若いころの荒々しい昭仁の歌声もカッコイイが、50歳前になった今の昭仁が歌う狼も昔とは違った魅力があって素敵。

今も、昔もオフではファンに気付かれない。

 

ヴィンテージ

昭仁作詞作曲の人気ナンバー。ライブでは何故か振りがワイパーなのが違和感たっぷりで、個人的には振りなしでしっかり聴き入りたい曲の一つ。これまでのライブでの座席最高は5列目だが、毎回最前列を望みながらも、もし新曲が披露されたら振りどうしようと不安になる。

私の夢は、ホールツアーで最前列。

 

ジレンマ

ポルノライブ最後の曲と言えばジレンマ。20周年イヤーは、「ライラ」をラストにもってくるようにしていたが、これからもそうするのか、20周年イヤーだけなのか。個人的にはポルノにはラストに持ってきても強い楽曲がいろいろあるので、実験的にころころ変えてみるのもありだと思う。毎回1曲変更するレアツアーとかしてほしい。

ラストいっきょーーっく!!朱いオレンジぃぃぃぃ!!

 

Mugen

2002 FIFAワールドカップ NHK放送テーマソングとして起用されながらも、サッカーらしいワードも、スポーツらしいワードも一切使わずにタイアップとして最高の楽曲へ仕上がっている。4分間のなかで、ひたすら晴一先生の天才的な作詞力を見せつけられしまった。

晴一先生と比べて自分の文章力はゴミカスレベルや・・

 

フィルムズ

教科書に載せたい名曲。この曲の為にこのアルバムを買う価値があるほど最強のバラードであり、もはや「フィルムズ」というタイトルで泣ける。ライブでもほとんど演奏されておらず、震災復興ライブ「東北ロマンスポルノ'11」にて披露されたのが最後。ポルノに一つ文句を言いたい。いい曲があり過ぎて困る。本当にどうなっているんだ。一生ついていきます。

昭仁の太い首にすがろう。

⇒⇒まだまだあるポルノの名曲をAmazon Music Unlimitedで聴きまくるならこちら。

 

まとめ


ポルノグラフィティにとって最初のベストアルバム“赤リンゴ”こと「PORNO GRAFFITTI BEST RED'S」

Tama脱退という一つの節目にリリースされたこのアルバムは、まさにポルノの5年間の総決算。

因島からアポロ11号に乗って音楽界に着陸し、一躍大ブームを巻き起こた彼らのヒットソングたちをこれでもかというほど詰め込んだ赤リンゴは、今でも色あせない名盤です。

20年の節目を終えたこのタイミングで、改めて聴いてみるのもよいものです。

リンゴ食べたくなってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました