ポルノ最初のアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」は、色あせない名盤【紹介・レビュー】

ポルノグラフィティ

20年という月日

過ぎてみればあっという間かもしれませんが、とても長いですよね。


そんな20年という月日が経っても色あせないものは沢山あります。

その中の一つが音楽

今回は名盤と言われるアルバムの中で私が大好きなポルノグラフィティの1stアルバム

「ロマンチスト・エゴイスト」を紹介したいと思います。

  • 昔聴いていて懐かしいと思った方。
  • そんな20年前のCD知らないって方。

色あせない音楽というものを体感しませんか?


ポルノ最初のアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」は、色あせない名盤【紹介・レビュー】

1stアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」とは?

ポルノグラフィティの名は説明不要でしょう。

「ポルノ」という言葉を一般社会に浸透させたバンドです。

普段、普通に「ポルノ!ポルノ!!」と言っていますが、普通に考えたらちょっとヤバいですよね。

ポルノ!最高!!

ポルノォォォォォ!!!

・・・・・・

そんな異常を正常に変えてくれたポルノグラフィティはデビュー当時から勢いのあるバンドでした。

そんな彼らの最初に出したアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」は今も色あせない名盤です。

このアルバムに収録されている曲は、ほとんどメジャーデビュー以前に制作されたもので、どの曲も

「全部シングル化を目指して全力で作った曲」

であり、インディーズベストとも言える作品です。

このアルバムで注目して欲しい点は

  • 圧倒的な熱量
  • 衝撃的な歌声
  • デビュー前後とは思えない作詞

です。

それでは、各曲たちを簡単に解説していきます。気になれば視聴してみて下さい。

 

「ロマンチスト・エゴイスト」各曲解説


Jazz up

Jazz upの意味は、「盛り上げる、明るくする」といったもの。その通りいきなり超ハイテンションでこのアルバムはスタート。歌詞の内容からわかるように、いきなりポルノグラフィティの「ポルノな部分」を大放出。
友人に初めて聴かせた時の反応は、

おっ・・ぉぅ。

エロいワードが散りばめられた楽曲だが、歌詞の内容としては、過去の自分との対比が入っている。歌詞内に出てくる土生港(はぶこう)はメンバーの地元、広島県尾道市因島の港で、土生はギター、晴一の出身エリア。晴一いわく、土生は「シティ」。
デビュー当時はライブの1曲目の定番だったが、徐々に披露回数は減っていった。デビュー10年で初の東京ドームライブをした際に1曲目に披露され、全ファンを悶絶させたことは今でも鮮明に覚えてる。

 

Century Lovers

ライブでは、定番曲で必ず盛り上がる楽曲。曲前には何度もボーカル昭仁の煽りがあり、
昭仁「Everybody Say?」
ファン「Fu-Fu」
とコール&レスポンスをする時間があり、ファン以外もとても楽しんでいる印象。作詞したギター晴一は当時25歳くらいだが、とても20代が書く歌詞とは思えない、世の中を上手く皮肉ったり、人生を達観したような歌詞を書く事が多く、そういった晴一にしか書けない歌詞がポルノの人気の大きな要因。平成最後のアリーナツアー「UNFADED」で年越しカウントダウン公演の新年一発目と、ツアー最終公演のアンコールラストに披露してくれた時、改めてこの楽曲の持つ力、メッセージを感じた。
シングル級のクオリティだが、モーニング娘。の「LOVEマシーン」に似ているという事でアルバム収録になった悲しい曲。

加護ちゃん元気にしてますか?

 

ヒトリノ夜

2ndシングルとしてリリースされた楽曲。アニメ「GTO」のオープニングになっていたこともあり、当時小学生だった私はテレビから流れてくるこの歌声に一瞬で心を奪われた。

なんやねんこの歌声

昭仁の歌声は今の方が感情表現豊かで、曲ごとに表情が全然違って聴こえる。個人的には今の歌声の方が好きだが、ヒトリノ夜に関しては、この時にしか出せない色っぽさが出ており、この音源が残っていることに、いつ聴いても心が震える。
キーの高さから、ライブでもめったに演奏されず、演奏されてもライブ前半が多いが、9月に行われた20年記念の東京ドームライブ「NIPPONロマンスポルノ'19~神VS神~」では、ライブ終盤に披露され、ほどよく声がかすれてきたところで、どこか少し昔のような歌声になっていたのが最高だった。個人的に「ヒトリノ夜」と、「サウダージ」に関してはライブ終盤の方でやって欲しい楽曲。

 

ライオン

シンプルなロックナンバーで、インディーズ時代から現在にかけて変化しつつも演奏され続けている数少ない楽曲の一つ。元ベースTama作曲の中でも人気のナンバーで、「UNFADED」ツアーでは日替わりながらも、色あせない楽曲として選ばれたポルノにとっても大切な一曲。
ライオンに関しては唯一、「ポルノグラフィティVSリンカーン」というCDにインディーズ時代の音源が残っており、メジャーデビュー後のものと比べると、やはりインディーズとの力の差を感じる。
ちなみに、カラオケで「ライオン」を入れると

おっ!マクロスじゃん!!
ちげーよ

となることがある方もいるのでは?

 

憂色〜Love is you〜

ハイテンションな曲や、ロックナンバーが続いたあとにここでいったんブレイクするバラード。
ロマンチスト・エゴイストに収録されている曲は、ライブで披露されることが少ないレア曲が多いが、特にこの憂色〜Love is you〜は本当に披露されることがほぼなく、ファンクラブ限定ツアーで久々に披露されてファンを悶絶させた。
今の昭仁の曲ごとに合わせた歌い方とは違い、当時のバラードの歌い方はアップテンポな曲と同様に力強く、熱量のこもった歌い方をしていて、この曲もバラードながら、体の奥からふりしぼる様な想いが伝わってくる名曲。昭仁本人は、インタビューで歌い直したい曲にこの憂色〜Love is you〜をあげているが、今の表現力がアップした状態で歌い直したものを収録してほしい反面、当時の昭仁ならではの熱量が表現するバラードも大好き。

昭仁~Love is you~

 

Heart Beat

このHeart Beatと、次のマシンガントークはプロデューサーの本間昭光氏が作詞しており、本間さんは作詞も出来る神だと感じる反面、やはり自分は晴一の生み出す文章が好きで、この曲も晴一が作詞したものを聴いてみたいと思ってしまう。
曲調も、歌詞の内容的にも、もっとライブで演奏しても良い感じがするが、意外と披露されない。昭仁のキャラも相まって、普段ライブで恥ずかしがってジャンプしたり出来ない私に対して、「さぁ、こっちの世界においでよ、一緒に楽しもう。」と手を引かれているみたいな気分になっていく楽曲。

ライブは女性の方が思い切り楽しんでますね。

 

マシンガントーク

Heart Beatと人気を二分すると見せかけて完全に勝っている曲。詞の内容は、マシンガントークな彼女の事を歌っているが、この楽曲自体も言葉が詰め込まれていてまるで本当にマシンガントークを聞かされているような気分になる名曲。最近の昭仁は、ファルセットを使うことが多くなったが、以前はあまり使っておらず、このマシンガントークの様にたまにはいるファルセットが色気たっぷりで好き。大好き。
ライブで披露する際には、モンキーダンスをするのが定番だったが、以前披露した際にはりきりすぎでダメージを負った昭仁は最近控えめ。

その分わしが踊ったるけぇ

 

デッサン#1

昭仁の過去の失恋をテーマにした楽曲だが、晴一が歌詞を書いており、実体験を本人が詞にせずメンバーが書くというのも面白い。昭仁本人が書いた詞が酷いものだった為、晴一にNGを食らったらしいが、昭仁がもし全文書いていたらもっと生々しいリアリティのあるものだったと思う。晴一が書くことによっていい具合に仕上がっているので正解。
この曲はポルノの楽曲の中で最高音をだしている為、昭仁の魂の叫びのように感じる。今でも原曲キーで歌う昭仁、20年経っても化け物。

歌柱

 

アポロ(New Apollo Project Version)

デビュー曲であるアポロのイントロが変更されたバージョン。ポルノの曲で一番売れた曲はアポロでは無いが、世間へのインパクトからか、いまだに“ポルノ=アポロ”をイメージする方が多く、フェスなどでもアポロを披露する際の盛り上がりは他の曲と比べて頭一つ抜けているように感じる。
アポロは曲がいいのはもちろんのことながら、晴一の歌詞がすでに完成しきっており、特に2番の歌詞に晴一の表現のすべてが詰め込まれているような気がする。

原点にして頂点

 

ラビュー・ラビュー

この楽曲も脱退した元ベースTamaの楽曲。ロックのイメージが強いTamaだが、こういった幸せそうな楽曲も作っちゃう天才。シングルこそ本間さんが作ることが多かったとはいえ、やはりポルノのメインソングライターとしてTamaの存在は大きく、このラビュー・ラビューはTama作曲の中でも特に人気の高さを感じる。
これまでどれだけつらいことがあったんだと思うほど失恋ソングが多いポルノの中で、貴重な完全幸せのろけソング。何故か小学生のころよく聴いていたが、ラビュー・ラビューのような恋愛出来ていたかなぁと過去を振り返る今日この頃。

いっしょうけんめいいきてます。

 

ジレンマ(How To Play "didgeridoo" Version)

ライブの最後に演奏される定番曲である「ジレンマ」のバージョン違い。“ジレンマ=ライブで聴くもの”という感じなので、音源として聴く事は比較的少ない人が多いかもしれない。ジレンマに関してはTama脱退後も変わらず演奏され続けている曲だが、近年、ジレンマをラストに演奏しない、またはライブでの演奏がないことがある。新しいポルノの形を見せることは大事なのでジレンマに縛られてほしくはないが、定番曲が消えていく事に寂しさも感じる。
アルバム、カップリング曲のなかで、ジレンマよりもっとキャッチーな曲が沢山あると思うが、ジレンマのもつ潜在的なパワーや、今まで定番曲としてファンと積み上げてきた時間は他のどの曲にも代えられないのかもしれない。

でもライラも好き。

 

リビドー

昭仁最初の作詞にして、覚醒した作品。晴一とは真逆の、元気が出るストレートな楽曲が多い昭仁。しかし、いまだにたまに現れる、内に秘めたダーク昭仁の人格が出てきた曲で、非常にクオリティが高い人気ナンバー。リビドーとは心理学用語で性欲、性的衝動。このリビドーは、格好良さ、エロさ、怖さを兼ね備えたポルノの大きな武器の一つ。

もっとライブでやってくれ。

 

ロマンチスト・エゴイスト

このアルバムのタイトルにして、名盤ラストを飾るバラード。この曲はポルノグラフィティの楽曲の中でも頭一つ抜けた名曲の一つ。晴一の書く詞で大好きなものは沢山あるが、この楽曲の2番に書かれているある一文が私の心にずっと残っていて、20年経っても、今後もずっと色あせることが無い。本当好き。大好き。
やはり、アルバムはバラードで〆るのが至高で、明日からも頑張ろう。そう思える余韻を残してくれる日曜日に聴きたい名曲。

このアルバムに出会えてよかった。

 

⇒⇒まだまだあるポルノの名曲をAmazon Music Unlimitedで聴きまくるならこちら。
 

まとめ

ポルノグラフィティの名盤「ロマンチスト・エゴイスト」は

全ての原点であり、そして傑作です。

  • ポルノ懐かしいなって思った方
  • ポルノを全然聴いてこなかった方

全ての人に届けたい一枚です。

そしてこのアルバムを見つめ直すことで、「今」のポルグラフィティの凄さも知ることにつながると思います。

今も昔も最高なんだよなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました